まだインターネットがなかった頃、海外との業務上交信はFAXを主に使っていました。文字が残りそれが証拠となるからです。

ある日、大学新卒M氏が勤務するところにシンガポールの企業から売り込みFAXが届いたのです。

英語ができるらしい、という噂が流れていたM氏のところにFAXが回ってきました。

単なる売り込みです。スクラップを数百トン買わないか というもの。

無視していいものでした。

ところが・・・。

英語ができるらしいと言われてちょっといい気分になったM氏は ここは礼儀正しくしておくべき、

僕はそれができます というところを見せたくなったのでしょう こう返信FAXを打ったのです。

I accepted.

「受け取った」とだけ言うつもりでした。  しかし これは 「受け入れました」です。

その価格で契約します の意味になるのです。

続々と契約書類がFAXで届き始めてM氏は自分が引き起こした事態を理解。

すぐに事務所の片隅から国際電話をかけました。 私は英語が下手なのです、

と泣き声で謝り続け 契約はなかったことになりました。

彼は I received.と書くべきだったのです。

英語を勉強しましょう。